21歳家をなくす

ご無沙汰してます。guiです。

最近色々諸々バタバタで全然更新できていなかった…。ハンセイ

 

f:id:gui0:20170831201255j:plain

実は先日ふと思い立って、家を解約してみました。

21歳9月末で家が無くなります。大好きな家が無くなります。

 

 

家無しになろうと思った訳

私は自分の家が大好きです。

自分が好きなものばかりがギュッと詰め込まれているからです。

長年かけて集めた雑貨や自分で作った家具。我が愛です。

それにも関わらず、解約に至ったのは

もっと身軽でいたい!と思ったからです。

スーツケースに入るだけの荷物を持ち、

色々なところをフラフラしたい。

あとは、家なくなっても生きていけるかという興味です笑

21歳家無し貧乏です。

 

家具や雑貨の行方

大事にしてきた家具雑貨。

どうするかというと販売することにしました。

Instagramでふと呟いたところ、思った以上にご連絡をいただきました。

お店の什器に使いたいとの声もあり、床まで売れました。笑

f:id:gui0:20170831202142p:plain

※実は小さい頃から家具を作るのが好きで、家具はほぼ手作り

写真のパーテーションや右端のドアも手作り。

販売ページを作ろうかな、なんて考えてますが

残っているものが少ないのでご連絡いただければお譲りします。

 

f:id:gui0:20170831202650p:plain

 

ステイ先、探してます笑

すごい余談ですが、いいステイ先あれば教えてください。笑

 

 

 

雑貨バイヤー(めざし)が教える買付のキホン

こんにちは。guiです。

f:id:gui0:20170805212214j:plain

今日は雑貨の買付の話。

最近、Antiqueや古道具という言葉をよく聞きますが、

はてさてそれがどうやって持って来られているのか、

antiqueってそもそも…?という基本的な話をします。

 

 

 

実は種類があるAntique

Antiqueと一言で言えども、色々な種類があるのをご存知ですか?

沢山種類はありますが、その中でも大きな4つを紹介します。

  1. Brocant
    f:id:gui0:20170805213036p:plain
    日本語で「古道具」や「リサイクル品」の意味。
    東京で行われている蚤の市で取扱が多い。
      
  2. Industrial

    f:id:gui0:20170805213145p:plain

    昔の什器を直してショップのインテリアとして使ったり
    家具用に小さく直して販売しているもの。
    最近のインテリアの流行りでもあり、お店でよく見かける。
  3. Curisoty

    f:id:gui0:20170805213424p:plain

    骨や古い実験道具をモチーフにしたもの。
    アパレルブランドや店舗での取扱が多い。
  4. Anatomy

    f:id:gui0:20170805213706p:plain

    解剖学や人体をモチーフにしたもの。
    ちょっと変態っぽいく、コレクターが存在する。

ざっとこの4つに分類されます。

買付後に卸す場所(店舗なのか、個人なのか…)

によって分類を見分ける必要があるので、

雑貨バイヤーになりたい方は必須項目です。

 

バイヤーはどこから仕入れてくるの?

バイヤーの仕入先は沢山あります。

経験値や人脈、運によって仕入先が変わります。

代表的な4つをご紹介します。

  • Savage:廃墟や使われていない工場やお店を丸ごと買い取る
    =>これは相当な経験者や業界有名人でないとほぼ不可能に近いです。
     沢山のお金や目利きの経験が必要です。

  • Ware House:Savageから購入する
    =>上のSavageに知り合いがいれば、凄くラッキー
     ただ同然で古い雑貨や什器を買い取れます。
     珍しいものをゲットできる確率が高いですが、人脈が豊富でないと
     Savageの方とは巡り会えません。

  • Antique Fair or Market:公園などで催させるイベントで購入
    =>いわゆるフリーマーケットのような場所で購入します。
     海外では蚤の市やフリーマーケットが頻繁に開催されています。
     イベントを狙ったり、地元の方の情報を元に探します。
     上記の2つよりは値段は上がりますが、安く購入できます。

  • Shop:海外のお店で購入する
    =>地元のAntique Shopで購入します。
     値段は上がりますが、綺麗な状態で購入が可能です。

大体がこの4つの方法で買付を行います。

下に行けば行くほど商品が綺麗な状態で手に入り、

上に行けば行くほど、仕入れ値が安くなり珍しいものが手に入ります。

どれだけ人脈を作り、情報を手に入れられるかが大事です!

 

guiの買付

f:id:gui0:20170805215619j:plain

私の場合、上の方法の2,3,4を使って仕入れをしていました。(学生時代)

主にFinlandやSwedenで買付をしていたのですが、

驚くくらい商品が安い!しかもアクセサリーパーツも沢山手に入る!

今はハンドメイドアクセサリーも流行っているので、

次の買付ではパーツを買ってきてアクセサリーにして販売しようかな…

なんて考えています。

f:id:gui0:20170805215702j:plain

 

次の買付は…?

次は10月末にFranceへ買付へ行って参ります!

ネット販売も予定しているので、乞うご期待!!!

Instagramでも商品を紹介しようと思っているので、是非是非ご覧ください。

3時間で行けるヨーロッパ、Vladivostokをおすすめする理由

こんばんはguiです。

先日(と言っても結構前)、3連休を使ってヨーロッパに行って参りました。

ヨーロッパといえば移動時間がかかるイメージ…

忙しい会社勤務の方に激オススメ旅先を紹介します!

 

f:id:gui0:20170713174107j:plain

 

 

 

 

3時間で行けるヨーロッパ、Vladivostok

私が先日行ったのは、ロシアのVladivostok(ウラジオストク)という街です。

ロシアといえば遠いイメージがありますが…

f:id:gui0:20170731223343p:plain

ななんと、こんなに日本から近いのです。

時間にして3時間。価格は時期にもよりますが、

私は一週間前に予約して12月に行って7万円弱でした。

Vladivostokは小さい街なので、

3連休あれば全然楽しめちゃいます!

 

港町とロシアの街並み

f:id:gui0:20170802004151j:plain

Vladivostokは美しい港町です。

さすがヨーロッパということもあり、建物も美しい!

歩いているだけで楽しめます。

私は冬に行きましたが、夏の海辺なんで最高なのではと思います。

 

絶対食べて欲しい三種の神器

ロシアはなんとも食べ物が美味しいです!

カフェ文化も思いの外栄えており、朝からカフェが空いているのが普通です。

小さな売店でコーヒーとパンを買っていく人たちがなんとも格好いい!

その中でも絶対に食べて欲しい三種の神器はコチラ▼

ボルシチ

f:id:gui0:20170802005833j:plain

ロシアといえばボルシチ

Vladivostokのレストランでは700円くらいで食べられます。

f:id:gui0:20170802005943j:plain

お店も可愛い…

ピロシキ

f:id:gui0:20170713173617j:plain

こんな感じで通り道でピロシキが売ってます。

街に人たちは鳩にあげてましたが…笑

70円くらいでアツアツが食べれます。

しかも販売員のあばあちゃんが可愛い。

街のあちこちで売ってますが、

中央広場のピロシキが一番オイシカッタ!おすすめです。

エクレア

ごめんなさい、これは食べ物というよりお店がおすすめです。

f:id:gui0:20170802011533p:plain

Gum通りという裏路地にあるお店

Вспышка(フスプシュカ)

http://www.vl.ru/vspyshka

ここはお店が本当に可愛い。そして朝から空いている。

朝からエクレアはきついと思いきや、

シンプルなエクレアとエスプレッソがなんともたまりません。

甘いものが好きな方は是非。

 

なんとも魅力的な街Vladivostok

f:id:gui0:20170802012159j:plain

観光地もあり、街並みも美しく、ご飯も美味しい!

そして何より、日本から近い!

言語はロシア語で、英語が通じないことが多いので、

事前にお店や電車を調べればかなーり楽しめると思います。

(旅行から時間が経っており、詳しく説明できないのがなんとも心苦しいです…)

 

是非、3連休が取れたらVladivostokへ!

 

 

10倍楽しめる、ヒッチハイクのススメ

こんにちはguiです。

 

 

 

f:id:gui0:20170727210748j:plain

旅が好きな理由の1つにヒッチハイクがあります。生まれて初めてヒッチハイクをしようとした時、検索して出てくるのは男の人のヒッチハイクサバイバル感のあるヒッチハイクばかり…今回はちょっと変わったヒッチハイクの楽しみ方をお教えします!

 

[:contents]目次

 1 guiの世界を変えたヒッチハイク

 2 運転手から学んだヒッチハイクの極意4つ

 3 ヒッチハイクはただ車に乗るだけじゃない

 

 

1.guiの世界を変えたヒッチハイク

初めてヒッチハイクをしたのは、3年前の18歳の時。専門学校の大好きな先輩がヒッチハイクをしているのを見て、なにこれカッコいい!私もやる!と決め、何か目標があった方がいいなーと、漠然と四国を一周することにしたのが初めてのヒッチハイクにでした。今考えるとこの挑戦結構人生の中で大きい挑戦ダッタナーと。

四国では、7台の車に乗り継ぎ、しかも最長15しか待たないというなんともラッキー。しかも乗せていただいた方がなんとも変わった方ばかり。(ヒッチハイクで止まるくらいだから変人なんだろうなー笑)

大きなトラックを2回乗り継ぎ(内1台はトラックで猫を飼ってた)→ベンツに乗った自称「不良老人」→昔ヒッチハクで日本1周したカナダ人(今でも仲良し)→ホストみたいな顔して凄い親父ギャグをかましてくるお兄さん(一緒に昼から飲んだ)などなど…

それからは完全に調子にのり、東京→名古屋ロシア空港→都内フィンランド都内→空港佐渡島千葉ヒッチハイクし、乗せてくれた方と昼から飲むというのがルーチンです。

今回は私なりのヒッチハイクの楽しみ方、乗せてくださった方に教えてもらったヒッチハイクのコツをお教えしようと思います。

 

2.運転手から学んだヒッチハイクのコツ

(1)ヒッチハイクは何より場所が大事!

 題名の通り、ヒッチハイクで1番大事なのは、どこで待つかです。拾ってくれる気持ちがある人でも、車が止まりにくい場所や混雑している道路では絶対止まってくれません。そして長距離の移動をしたい時は、高速道路ICの前、車がスピードを落とす距離が狙い目です。自分が行きたい方向の車しかいないので、拾ってもらえる確率がグンとアップします。車が寄せられるスペースがあるコト、高速に乗る前の道を狙え!がポイントです。

 

(2)服装や見た目を運転手は見ている!

これは拾っていただいた方から聞いて驚いた話ですが、運転手がヒッチハイカーを拾うか拾わないかの判断基準の1つに見た目があるらしいのです…!(顔がいいとか悪いとかではなく笑)ヒッチハイカーは勇気が要りますが、運転手ももっと勇気が必要なんです!だからヒゲボーボーのいかにも怪しい人、や苦しい顔をした人は怖くて拾えないそうです。私はいつも1人でゲラゲラ笑いながらヒッチハイクしていたので、表情も大事、なのです。

 

(3)日本人の優しさにツケコメ!

これも拾っていただいたカナダ人に聞いた話。日本人はヒッチハイカーがいても基本はスルーするそう。しかし!日本人は直接お願いされたら断れない!のです。だからもし、拾ってもらえない時には、停まっている車に直接声をかけてみてください。「すみません、〇〇まで行きたいのですが、乗せてもらえませんか?」私はこの方法で乗せてもらえなかったことは1度もないです。

そしてもう1つ言い方でオススメなのは、「途中までで大丈夫です!」をつけること。例えば山手線で池袋〜渋谷までヒッチハイクしたい時、「新宿までとかでも大丈夫ですよ!」とお伝えすると乗せてもらえる確率が上がります。そして優しい人ばかりなので渋谷まで乗せてくれます。

ただし、ここまでしてくれた方にはしっかりお礼を伝えること車の中は楽しむことを忘れずに。

 

(4)ヒッチハイクは早めに切り上げて一緒にお酒を酌み交わすべし!

ヒッチハイクでいつも目標にしていること、一緒にお酒を飲む!これがなんともたまらんのです…。地元の方の行きつけの店でお酒を飲みながらこれからのことや、その町のことを沢山きく。そうするとヒッチハイクが何倍も楽しくなります。ちなみに一緒にお酒を飲んだ方とは今でも交流があったり、たまにお酒を飲んだりしてます。

 

3.ヒッチハイクはただ車に乗るだけじゃない

ヒッチハイクは一番良い旅の方法だと思っています。なぜなら、その場所のいいところが沢山聞けて沢山の方の今までの旅話を聞けるのです。これを見たら皆さんすぐヒッチハイクに行きましょう。女性1人は危ないとよく言われますが、そんなことはないです。女性のヒッチハイクは女性が乗せてくれることも多いので、逆に安心だったり…。ヒッチハイクをして、旅好きの旅がより一層より良いものになりますように!

脱!ダサ賃貸(床ver.)

こんにちは。guiです。

f:id:gui0:20170730152636j:plain

 

Instagram(https://www.instagram.com/gui.0/?hl=ja)をやっているのですが、部屋についての質問が多いため今日は部屋について書いて行こうかな〜と思います。

都会の賃貸事情

現在東京の賃貸に住んで2年目になります。

物件を探していて思ったこと…賃貸ダサ!クソダサ!

クッションフロアに変にボコボコした壁…堪え難い。

引っ越しまで時間がなかったのでそれなりの賃貸を借りました。

Beforeの写真がないのですがこんな感じ↓

ピカピカの床が気にくわず…

 

f:id:gui0:20170723172920p:plain

 

 

もう、これは自分でなんとかしなければと考えた結果がコチラ↓↓

 

どーん

f:id:gui0:20170723173046j:plain

 

f:id:gui0:20170723173245p:plain

 

やってやりました。

意外と簡単にできちゃう「床」作り方公開します〜!

 

準備するもの

-------------------------------------------------------------------------------

石膏ボード:部屋の大きさ分。畳単位で販売。自分の部屋の畳数+3枚くらい買っておくと安心です。

【全国配送不可/店頭引取り・自社配送のみ注文受付可】【吉野石膏】プラスターボード(標準タイプせっこうボード)ベベルエッジ/1820×12.5×910ミリ :PB36125:もくざい市場 - 通販 - Yahoo!ショッピング

 

モルタル:ホームセンターで購入可能。小さいサイズでOK。小学校の校庭で使う石灰でも代用可能。

【楽天市場】家庭化学工業 ブロツクモルタル 5kg | 価格比較 - 商品価格ナビ

 

お好きなペンキ:好きな色。0.2Lで十分。

 

塗装用コテ:ホームセンターで売ってます。安いので充分。コンナノ↓

f:id:gui0:20170724211745p:plain

---------------------------------------------------------------------------

作り方

1.床が傷つかないように下地を貼る

やはり賃貸なので、傷つけるわけにはいきません。ちゃんと下地は貼ります。ただ、面倒臭がりなのでビニール袋をこれでもかと敷き詰めました。模造紙などでもいいと思います。

 

2.石膏ボードを置く

石膏ボードはもともと天井などに使用される丈夫な素材です。重みがあるので置くだけでOK。重いくせにカッターでポキっといけます。部屋の隙間もカッターで切込みを入れて折り曲げて埋めていきます。

 

3.モルタルとお好きなペンキを混ぜる

モルタルに少し水を入れ、ペンキを混ぜていきます。5:2:3くらいの割合。このときオススメなのは、完全にペンキを混ぜないこと。完全に好みですが、混ざりきらないムラのある感じがかっこよくなるポイントな気がします。

 

4.本能のままに塗りたくる

いよいよ塗っていきます。もうここまで来たら好きなだけ塗りたくってください。綺麗に塗ろうとするのではなくベタベタ塗って行きます。ペンキを何種類か混ぜると微妙に色が変わっていい色がでるのです。f:id:gui0:20170724212303j:plain

5.乾かす 

乾かします。待ちます。あ、言い忘れましたが帰り道を残すことを忘れずに。

 

6.完成!  

はい、完成です!ホレホレ簡単に賃貸とは思えぬ空間が。もうあとは好きな家具を置いて行くだけ。よくいうインダストリアルもアンティークもシンプル無印系だってなんだって合うのです。f:id:gui0:20170724212609j:plain

 

賃貸を味方にすること

日本の賃貸は驚くくらい自由度が低いです。高いくせにのクオリティ。でもせっかく住むなら好きな空間がいいじゃなじゃないですか!

その手段はなんだっていいのですが、多くの人がもっと自分が生活するところを好きになれたらいいな〜。

旅や海外、フリーランスには遠い内容ですがこういうのもちょこちょこ書いていこうかなっと思います。

インテリアデザインや店舗デザインもやっているので、お気軽にご相談ください!

※美味しいご飯1回から承っております。

 

 

雑貨オタクになるまで

 

こんにちはguiです。

 

昨日記事を書いていて、私が世界一周しながら雑貨の買付をするという現在の目標になるまで色々あったな〜としみじみ感じたので、今日はそのことを。

 

雑貨に興味を持ったきっかけ

なんで雑貨が好きなんだっけ、とずっと考えたんですが本当に小さい頃から古い雑貨が好きでした。実物でも、テレビに出てくるアンティーク雑貨もへばりつくように見てました。今考えると母が庭師ということもあり、小さい頃から身の回りに雑貨が多かったのが理由なのかな、と。それと同時に作ることも好きだったので、小さい頃から家具を作ったり部屋を改造したりしてました。

f:id:gui0:20170716171427j:plain

(※母の庭)

中学時代に会った変な先生

中学生の時は雑貨屋さんで働きたいな〜くらいで考えてた気がします。もともと英語が大好きで、英語を使いたいという話をしてたときに、バイヤーという仕事を担任の先生に勧められます。(昨日の書いた先生とは違う人です)この女性の先生がまたなんとも変人で、納豆と技術が大好きで教卓の中には納豆用の醤油がビッシリ。技術の授業では2時間木を磨かせられるとかとか。学生時代の私はこの先生に魅力を感じてしまい、毎日のようにつきまとい笑、木の切り方や、雑貨について教えてもらったりしてました。私にバイヤーという仕事と作る楽しさを教えてくれた恩人の1人です。

 

初海外と前のめりな高校時代

雑貨のバイヤーになって自分のお店を出すと決めてからはもうそれしか見えない!それしかやらない!と思ってました。今思うとかなーりガツガツしてたな〜。高校も英語に力を入れている学校にいき、初の海外オーストラリアへ。2週間のホームステイという短い期間でしたが、初めてみた海外にもう感動が止まらず。私絶対世界全部行く。と思い始めたのもこれがきっかけでした。大学は行かずに早く自分のお店を出したいと思ってたので、東京の外国語の専門学校への進学を決めます。進路が決まってからは絶対雑貨屋さんでアルバイトする!決めていたので、通える範囲の雑貨屋さん全部電話しました。(地元が福島県なのでその頃全然雑貨屋がなかった笑)しかし、さすがに高校生は…と全敗。悔しくて大泣きしてました。絶対に専門学校へ行ったら雑貨屋で働くことを決めました。

 

旅に目覚めた専門時代

東京専門学校へ入学し、即雑貨屋でのアルバイトをスタート。店長にも「私は自分のお店をやりたいんです!!」とずっと話していたので、発注やお店のレイアウトなど色々やらせてもらいました。ヒャー、ナントも厚かましい若者!で、専門学校で恩人2人目に出会ってしまうのです。それが専門学校の男の先輩で、バックパッカーとか1人旅とかやってるわけです。福島からきた田舎者の私にはもう、それがなんともかっこいい!またもやその先輩につきまとい笑、1人旅の極意みたいなものを教えてもらってました。その頃からもう旅にハマってしまって、お金を貯めては1人で海外に行ったり、ヒッチハイクしたり、自分で雑貨の買い付けをしてネット販売や知り合いの雑貨屋に置いてもらったり。旅サイコウ人生サイコウ状態でした。それと同時に気づいてしまったことがもう1つ。雑貨屋のアルバイトをしてたわけですが、だんだんとお店を出したいという気持ちが薄くなっていました。雑貨は大好きなんだけど、ずっとお店に滞在するのムリ!愛想笑いするのムリ!みたいな笑。だから、雑貨の買付をしながら他のスキルをもにつけたら、ずっと買付できんじゃん!と思い始めました。なんとも生意気ですね。

f:id:gui0:20170715160455j:plain

 

就活反抗期

一刻も早く買付したい状態だったので、会社には入らない!他のスキルをつけるために家具職人になる!と思い立ち、家族や先生に相談するも大反対。挙げ句の果てに学生時代の大親友には「逃げんの?」と。笑 凄っく負けず嫌いなので、その言葉にやられ内定がっつりとって全部蹴って家具職人なってやるよ!!と思い就活を始める。面接大好きなので、就活も楽しいけどやっぱりやりたいことと違うなーと思ってました。で、その中に今働いている会社と会います。なんで就職したかというと、ずっと就活していてほとんど全部の会社が自分のやりたいことを言うと、「それはムリだよ〜」と人生2度目のムリだよを食らわされてたのですが、ここの社長だけ「めっちゃおもろいやん!やったらええよ!そのためにこの会社と僕と利用してくれ!」と言ってくれたのです。それを聞いた瞬間、もう大好き!ここで働く!イェーイ!状態。笑 で、今に至ります。

 

これからのこと

雑貨のバイヤーをすると決めてから8年経ちますが、変わらず雑貨が大好きです。ですが、その手段は沢山の人に会ったり、様々な経験や旅をすることで、どんどん面白くなっている気がします。今、世界一周しながら買付をするに向けて沢山の準備をしてます。すごく楽しいです。夢や目標がある人が周りの環境や人で潰されないように。一緒に頑張れるようにここで発信していきたいと思います。

 

 

 

はじめる

 

f:id:gui0:20170715161354j:plain

 

はじめまして、guiです。

ブログを始めました。最初なので自己紹介でも。

 

1996年生まれ、女

語学の専門学校を卒業し、ベンチャー企業で働きながら

インテリアコーディネートや店舗デザイン、雑貨買付をフリーでちょこちょことやっています。

古い雑貨と旅がキョーレツに好きで、ヒッチハイクバックパッカーなどやってました。(後々書いていこうかと…)

 

なんでブログをはじめたか、

世界一周しながら雑貨の買付をするを実現する。

に、尽きます。

もっと旅人という職業や繋がりを増やしたい。そのアウトプットのため始めました。

 

雑貨の買付は中学校の時からの夢で、

中学校の進路相談では担任の先生から、

「そんなことできるわけないじゃない。そんなことしてる人いないわよ。」と。

その頃から、絶対叶えると決めていて

且つ夢のある人のきっかけになる人になりたいと思い続けてます。

 

このブログが、そんなきっかけや繋がりが少しでも生まれますように。

 

これからどんな投稿しようかな、楽しみです。

乞うご期待。